楽天モバイル

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える方法

機種そのままで、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えることはできるのかな?

こんな疑問にお答えします。

結論から言うと、SIMのみで楽天モバイルに乗り換えれば、機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えることができます。

しかし、楽天モバイルにソフトバンクのスマホ持ち込んで使用する場合には注意点もあるので、機種そのままで乗り換えをしようと考えているなら、注意点も理解しておきましょう。

そこでこの記事では、

など、機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えについて解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

\ 公式サイトはこちら /

【結論】機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えることはできる

上記でも説明しましたが、機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えることは可能です。

何故なら、楽天モバイルではSIMのみでの申し込みもできるので、SIMのみで乗り換えて楽天モバイルにソフトバンクスマホを持ち込めば、楽天モバイルでソフトバンクスマホが使用できるためです。

ただし、ソフトバンクスマホならどんなスマホでも使用できるというわけではないので、その点には注意が必要です。

画像引用元:楽天モバイル

例えば、ソフトバンクの「AQUOS ea 606SH」の場合、この製品は利用できませんと表示されており、4Gデータ通信だけでなく通話も利用できないとされています。

そのため、ソフトバンクのスマホを楽天モバイルに持ち込んで使用するなら、そのソフトバンクスマホは楽天モバイルで使用できる端末なのかどうかしっかりと確認しておく必要があります。

具体的に、どんなソフトバンクのスマホなら楽天モバイルで使用できるのかについては、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えれる条件

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるためには、下記の条件を満たしたソフトバンクスマホが必要になります。

条件

  • SIMロックがかかっていないソフトバンクスマホであること
  • 楽天モバイルで使用可能なソフトバンクスマホであること
  • 【eSIMの場合】eSIM対応のソフトバンクスマホであること

詳しくは、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

条件①:SIMロックがかかっていないソフトバンクスマホであること

2021年5月12日以降に、ソフトバンクでSIMロック解除対応端末を購入した場合は、SIMロック解除が完了しているのでSIMロック解除手続きは不要です。

楽天モバイルでソフトバンクスマホを使用するためには、SIMロックがかかっていないことが条件となります。

何故なら、ソフトバンクスマホにSIMロックがかかっていると、楽天モバイルのSIMが利用できないためです。

そのため、まず楽天モバイルで使用予定のソフトバンクスマホに、SIMロックがかかっているかどうか確認しましょう。

SIMロック確認手順

  1. SIMロック解除を確認したい機種の電話番号で「My SoftBank」にログイン
  2. IMEI番号を入力し「次へ」をタップ
  3. 「お手続きが完了しました。」と表示されていればSIMロック解除は完了

確認した結果、楽天モバイルで使用予定のソフトバンクスマホにSIMロックがかかっているなら、SIMロック解除手続きを行いましょう。

SIMロック解除手順

  1. SIMロック解除をしたい機種の電話番号で「My SoftBank」にログイン
  2. SIMロック解除をしたい機種のIMEI番号を入力し「次へ」をタップ
  3. 「解除手続きする」をタップ
  4. SIMロック解除完了

また、ソフトバンクスマホのSIMロック解除の確認・解除手続きを行う際には、IMEI番号の入力が必要になります。

IMEI番号は、上記の方法で確認ができます。

条件②:楽天モバイルで使用可能なソフトバンクスマホであること

楽天モバイルでソフトバンクスマホを使用するためには、そのソフトバンクスマホが楽天モバイルに対応した端末であることが条件となります。

というのも、楽天モバイルでは使用できないソフトバンクスマホもあるためです。

お手持ちのソフトバンクスマホが楽天モバイルで使用できる端末かどうかについては、下記の手順で確認することができます。

確認手順

  1. こちら」にアクセス
  2. 製品の種類を選択
  3. シリーズまたはメーカーを選択
  4. 購入元選択時に「ソフトバンク」を選択
  5. お手持ちのソフトバンクスマホの機種を選択
  6. ソフトバンクスマホの対応状況が確認できる

例えば、ソフトバンクで購入したiPhone 15を楽天モバイルに持ち込んで使用したい場合、上記の手順で進めていき

画像引用元:楽天モバイル

上記のように楽天対応製品であると表示されたら、ソフトバンクで購入したiPhone 15は楽天モバイルで使用できる製品だということがわかります。

確認した結果、楽天モバイルでは使用できない、または一部の機能しか利用できないソフトバンクスマホだった場合については、「楽天モバイルで使用できないソフトバンクスマホだった場合の対処法」の項目で解説しているのでそちらをご覧ください。

【eSIMの場合】eSIMに対応したソフトバンクスマホであること

楽天モバイルでeSIMを利用する場合、そのソフトバンクスマホがeSIMに対応している必要があります。

何故なら、eSIMに対応していないソフトバンクスマホでは、楽天モバイルのeSIMを利用する事ができないためです。

ソフトバンクで販売されているスマホには、eSIMに対応したスマホもあればeSIMに対応していないスマホも存在します。

もし、楽天モバイルで使用予定のソフトバンクスマホが、eSIMに対応していない端末だった場合、楽天モバイルのeSIMは利用できないのでご注意ください。

ソフトバンクスマホがeSIMに対応しているかどうかについては、ソフトバンク公式サイトの、製品情報ページなどで確認することができます。

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際の基礎知識

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるのであれば、下記の点も理解しておきましょう。

基礎知識

  • 楽天モバイルで使用するSIMを決めておく
  • 機種そのままならスマホのデータはそのまま

詳しくは、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

楽天モバイルで使用するSIMを決めておく

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるなら、楽天モバイルで使用するSIMを決めておきましょう。

楽天モバイルでは、下記の2つのSIMが利用できます。

SIMの種類

  • SIMカード
  • eSIM

SIMカードは、端末に挿入して使用するSIMで、基本的にはスマホに挿入すれば使用できるので、手続きは簡単です。

しかし、SIMカードで申し込むと、自宅にSIMカードが届くまで楽天モバイルを利用する事ができないというデメリットもあります。

一方、eSIMは端末に内蔵されているSIMにデータを書き込んで使用するタイプのSIMです。

eSIMでの申し込みであれば、申し込み後すぐに楽天モバイルを利用する事ができます。

しかし、eSIMを利用するためにはeSIM対応スマホが必要なことに加えて、手続きが煩雑というデメリットもあります。

このように、楽天モバイルには2つのSIMがあるので、どちらのSIMを利用するか決めておけば、スムーズに申し込み手続きが行えます。

機種そのままならスマホのデータはそのまま

ソフトバンクで使っているスマホをそのまま楽天モバイルで使用する場合、スマホのデータ移行を行う必要はありません。

何故なら、今まで使っていたスマホをそのまま使用するようになるので、電話帳などのデータはそのままスマホに残っているためです。

そのため、機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるなら、データ移行は不要です。

【SIMカードの場合】機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える方法

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えて、ソフトバンクスマホに楽天モバイルのSIMカードを挿入し利用する場合、下記のような流れで手続きを進めていくようになります。

手続きの流れ

  1. 使用可能なソフトバンクスマホかどうかなどの事前確認を行う
  2. SIMカードのみで楽天モバイルに乗り換える
  3. SIMカードが届いたら回線切り替え手続きを行う
  4. SIMカードをソフトバンクスマホにセットする

詳しくは、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

手順①:使用可能なソフトバンクスマホかどうかなどの事前確認を行う

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える場合、まずは下記をチェックしましょう。

問題なければ、乗り換えに必要なものを用意します。

必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • クレジットカード、銀行口座情報
  • 楽天会員ユーザーID・パスワード

手順②:SIMカードのみで楽天モバイルに乗り換える

準備ができたら、SIMカードのみでソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え手続きを行います。

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイル公式サイトにアクセスし、申し込み画面で料金プランを選択した後、SIMタイプで「SIMカード」を選択し手続きを進めます。

ポイント還元キャンペーンあり

画像引用元:楽天モバイル

電話番号の選択が表示されたら、「他社から乗り換え(MNP)」を選択し手続きを進めます。

画像引用元:楽天モバイル

my 楽天モバイルの「申し込み履歴」で、該当の申込番号内にある「電話番号の引継ぎ(MNP)申請をする」をタップします。

その後、現在利用中の携帯電話会社選択欄では「ソフトバンク」を選択すると、ソフトバンクのウェブサイトに遷移します。

ソフトバンクのウェブサイトでは画面の指示に従って進めていけば、手続き完了です。

手順③:SIMカードが届いたら回線切り替え手続きを行う

MNP開通手続きは、楽天モバイルで使用する端末とSIMが手元にある状態で行うようにしましょう。手続きが完了すると、乗り換え元であるソフトバンクは自動解約となるため、ソフトバンク回線は利用できなくなります。

楽天モバイルからSIMカードが届いたら、MNP開通手続きを行います。

手順

  1. my 楽天モバイルにログイン
  2. 該当の申込番号をタップ
  3. 「転入を開始する」をタップ
  4. 注意事項を確認し「MNP転入に関する注意事項を読み理解しました」にチェックを入れ、「MNP転入を開始する」をタップ
  5. 申し込み履歴画面で「開通手続き中です」と表示されていることを確認
  6. 手続き完了

ソフトバンクの電波が入らなくなっていれば、MNP開通手続きは完了しています。

MNP開通受付時間
受付時間 MNP完了時間
9:00~21:00 当日中
21:01~翌8:59 翌9:00以降

MNP開通受付時間は、今後楽天モバイルの都合で予告なく変更される可能性があります。

手順④:ソフトバンクのスマホにSIMカードをセットする

MNP開通手続きが完了したら、ソフトバンクスマホの電源をオフにし、ソフトバンクスマホに楽天モバイルのSIMカードを挿入します。

あとは、ソフトバンクスマホの電源を入れ、楽天モバイルの電波が入るようになっていれば、乗り換えは完了です。

【eSIMのみの場合】機種そのままソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える方法

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えて、ソフトバンクスマホで楽天モバイルのeSIMを利用する場合、下記のような流れで手続きを進めていくようになります。

手続きの流れ

  1. 使用可能なソフトバンクスマホかどうかなどの事前確認を行う
  2. eSIMのみで楽天モバイルに乗り換える
  3. 回線切り替え手続きを行う
  4. 楽天回線の開通手続きを行う

詳しくは、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

手順①:使用可能なソフトバンクスマホかどうか確認する

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える場合、まずは下記をチェックしましょう。

問題なければ、乗り換えに必要なものを用意します。

必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • クレジットカード、銀行口座情報
  • 楽天会員ユーザーID・パスワード

手順②:eSIMのみで楽天モバイルに乗り換える

準備ができたら、eSIMのみでソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え手続きを行います。

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイル公式サイトにアクセスし、申し込み画面で料金プランを選択した後、SIMタイプで「eSIM」を選択し手続きを進めます。

ポイント還元キャンペーンあり

画像引用元:楽天モバイル

電話番号の選択が表示されたら、「他社から乗り換え(MNP)」を選択し手続きを進めます。

画像引用元:楽天モバイル

my 楽天モバイルの「申し込み履歴」で、該当の申込番号内にある「電話番号の引継ぎ(MNP)申請をする」をタップします。

その後、現在利用中の携帯電話会社選択欄では「ソフトバンク」を選択しすると、ソフトバンクのウェブサイトに遷移します。

ソフトバンクのウェブサイトでは画面の指示に従って進めていけば、手続き完了です。

手順③:回線切り替え手続きを行う

MNP開通手続きは、楽天モバイルで使用する端末とSIMが手元にある状態で行うようにしましょう。手続きが完了すると、乗り換え元であるソフトバンクは自動解約となるため、ソフトバンク回線は利用できなくなります。

楽天モバイルの乗り換え手続きが完了したら、MNP開通手続きを行います。

手順

  1. my 楽天モバイルで該当の申込番号をタップ
  2. 「転入を開始する」をタップ
  3. 注意事項を確認し「MNP転入に関する注意事項を読み理解しました」にチェックを入れ、「MNP転入を開始する」をタップ
  4. 申し込み履歴画面で「開通手続き中です」と表示されていることを確認
  5. 手続き完了

ソフトバンクの電波が入らなくなっていれば、MNP開通手続きは完了しています。

MNP開通受付時間
受付時間 MNP完了時間
9:00~21:00 当日中
21:01~翌8:59 翌9:00以降

MNP開通受付時間は、今後楽天モバイルの都合で予告なく変更される可能性があります。

手順④:楽天回線の開通手続きを行う

続いて、eSIMの開通手続きを行います。

手順

  1. my 楽天モバイルアプリをインストール
  2. アプリにログインし「申し込み履歴」を開く
  3. 「開通手続きへ進む」をタップ
  4. 画面の指示に従って進める
  5. 「開通手続きが完了しました」と表示される
  6. 開通手続き完了

以上で、eSIMの開通手続きは完了です。

Wi-Fi接続をオフにしブラウザなどを立ち上げて、楽天回線を利用できるか確認しましょう。

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるメリット

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える場合、下記のようなメリットがあります。

メリット

  • 機種そのまま使用するため機種代金を節約できる
  • 機種そのままなのでスマホのデータ移行は不要

メリットについて詳しくは、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

機種そのまま使用するため機種代金を節約できる

ソフトバンクで使用していた機種そのままで楽天モバイルに乗り換える場合、機種代金を節約することができます。

何故なら、ソフトバンクスマホをそのまま楽天モバイルで使用するので、楽天モバイル契約の際に新しくスマホを購入する必要がないためです。

楽天モバイル乗り換えの際に機種を購入すると、機種代金という初期費用が発生します。

購入する端末によっては機種代金は高額になりますが、機種そのままの乗り換えであればソフトバンクスマホで楽天モバイルのSIMを利用するので、新しくスマホを購入する必要がありません。

そのため、機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えをすれば、機種代金という初期費用を節約することができます。

機種そのままなのでスマホのデータ移行は不要

ソフトバンクのスマホをそのまま楽天モバイルで使う場合、スマホのデータ移行は不要です。

データ移行は、新しいスマホを購入した際、今まで使用していたスマホを新しいスマホにデータを移したい場合に行うものです。

機種そのままであれば、スマホに保存してあるデータはそのままなので、煩わしいデータ移行を行う必要はためスムーズに乗り換えができます。

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際の注意点

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える場合には、下記のような注意点があります。

注意点

  • ソフトバンクのスマホは楽天モバイル動作保証対象外
  • ソフトバンクスマホの設定や操作方法は楽天モバイルで対応してもらえない
  • 機種そのままでもソフトバンクメールは利用できなくなる
  • 事前にソフトバンクスマホのバックアップをとっておく

そのため、ソフトバンクで使っているスマホを楽天モバイルに持ち込むなら、注意点も理解しておきましょう。

ポイント還元キャンペーンあり

ソフトバンクのスマホは楽天モバイル動作保証対象外

楽天モバイルでは、ソフトバンクスマホの動作保証はしていません。

何故なら楽天モバイルでは、楽天モバイルで購入した製品以外は動作保証の対象外としているためです。

そのため、機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えたものの、電波が繋がりにくい・利用できない機能があるといった場合、それはすべて自己責任となるので、その点は覚えておきましょう。

ソフトバンクスマホの設定や操作方法は楽天モバイルで対応してもらえない

ソフトバンクのスマホをそのまま楽天モバイルで使用する場合、設定や操作方法について楽天モバイルのサポートを受けることはできません。

何故なら、他社で購入した製品に関しては、楽天モバイルでは質問対応などのアフターサービスを提供できないとしているためです。

そのため、楽天モバイルでソフトバンクスマホを使用していて、スマホの設定や操作方法についてわからないことがある場合、自分で調べて解決する必要があります。

機種そのままでもソフトバンクメールは利用できなくなる

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えたとしても、ソフトバンクメールは利用できなくなります。

何故なら、ソフトバンクメールはソフトバンクが提供する、ソフトバンクのキャリアメールだからです。

ソフトバンクメールは、基本的にソフトバンク契約中のみ利用する事ができるものなので、機種そのままで乗り換えたとしても、ソフトバンクメールは利用できません。

もし、楽天モバイルに乗り換えてもソフトバンクメールが利用したいなら、メールアドレス持ち運びに申し込みましょう。

メールアドレス持ち運びに申し込めば、楽天モバイルに乗り換えた後も引き続きソフトバンクメールを利用する事ができます。

関連記事
ソフトバンクから楽天モバイルにメールアドレスを引き継いで使用する方法

続きを見る

事前にソフトバンクスマホのバックアップをとっておく

楽天モバイルに乗り換えを行う際には、事前にソフトバンクスマホのデータのバックアップをとっておきましょう。

バックアップ方法

  • iPhoneの場合:iTunesまたはiCloud
  • Androidスマホの場合:Googleアカウントまたはバックアップアプリ

バックアップ方法は、使用しているスマホのOSによってやり方や、使用するツールが異なります。

バックアップ方法や、どんなデータがバックアップできるのかなどについては、下記のサイトでご確認ください。

関連サイト:iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

関連サイト:Android デバイスのデータをバックアップ、復元する

楽天モバイルで使用できないソフトバンクスマホだった場合の対処法

ソフトバンクスマホが楽天モバイルで使用できる端末か確認した際、この製品は利用できないと表示された場合、機種そのままでの乗り換えは諦めて、楽天モバイルでスマホを購入しましょう。

楽天モバイルでは、AndroidスマホだけでなくiPhoneも販売しており、楽天モバイルで販売されているスマホであれば問題なく利用する事ができます。

また、楽天モバイルの一部の機能が利用できるソフトバンクスマホだった場合、どのような機能が利用できて逆にどのような機能が利用できないのかをよく確認し、それでもソフトバンクスマホを持ち込んで使用するのか、機種そのままでの乗り換えは諦めて楽天モバイルで新しくスマホを購入するのか検討しましょう。

ポイント還元キャンペーンあり

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際のよくある質問

よくある質問

  • ソフトバンクで購入したiPhoneは楽天モバイルで使える?
  • 機種そのままだからスマホのバックアップはとらなくてもいい?

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際のよくある質問をまとめてみたので、下記より紹介します。

ポイント還元キャンペーンあり

ソフトバンクで購入したiPhoneは楽天モバイルで使える?

ソフトバンクで購入したiPhoneは、楽天回線対応製品であれば楽天モバイルに持ち込んで使用することができます。

ソフトバンクのどのiPhoneが楽天回線対応製品なのかの確認方法については、「楽天モバイルで使用可能なソフトバンクスマホであること」の項目で解説しているので、そちらをご覧ください。

機種そのままだからスマホのバックアップはとらなくてもいい?

現在ソフトバンクで使用しているスマホを、楽天モバイルに持ち込んで使用する場合でも、乗り換え前にはバックアップはとっておきましょう。

バックアップをとっておくことで、万が一に備えることができます。

バックアップのとりかたについては、「事前にソフトバンクスマホのバックアップをとっておく」の項目で解説しているので、そちらをご覧ください。

機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えについて・まとめ

まとめ

  • 機種そのままでソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えることは可能
  • 楽天モバイルでソフトバンクを使用するためには条件を満たす必要がある
  • SIMロックがかかっていないソフトバンクスマホであること
  • 楽天モバイルで使用可能なソフトバンクスマホであること
  • 楽天モバイルでeSIMを利用する場合はeSIM対応のソフトバンクスマホであること
  • 楽天モバイルでソフトバンクスマホを使用するには「SIMカード」または「eSIM」で申し込む
  • 楽天モバイルではソフトバンクスマホの動作保証はしていない
  • ソフトバンクスマホの設定などについては楽天モバイルではサポートしていない
  • ソフトバンクスマホのままでも楽天モバイルの乗り換えたらソフトバンクメールは利用できなくなる(メールアドレス持ち運びに申し込めば使用可能)
  • 楽天モバイル乗り換え前にスマホのバックアップをとっておく

ポイント還元キャンペーンあり

-楽天モバイル
-,