楽天モバイル

【後悔する?】auから楽天モバイルに乗り換えるデメリット・注意点を解説

auから楽天モバイルへの乗り換えって、デメリットもあるのかな?

こんな疑問にお答えします。

auから楽天モバイルへの乗り換えは、多くのメリットがある反面、デメリットや注意点も存在します。

そのため、乗り換えたことを後悔しないために、auから楽天モバイルへ乗り換える際には、メリットだけでなくデメリットや注意点もしっかりと理解しておきましょう。

そこでこの記事では、

など、auから楽天モバイルに乗り換えて後悔するポイント、デメリットや注意点について解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

\ 公式サイトはこちら /

auから楽天モバイルに乗り換えて後悔すること

auから楽天モバイルへ乗り換えて満足している方もいれば、乗り換えたことを後悔している方もいるようです。

後悔していること

  • 電波が繋がらない・繋がりにくいことがある
  • 楽天モバイルは店舗数が少ない

そこで、auから楽天モバイルに乗り換えた方は、どのようなことに後悔しているのか下記より紹介していきます。

また、auから楽天モバイルに乗り換えるなら、メリットだけでなくデメリット注意点も十分に理解した上で、auから楽天モバイルへ乗り換えることをおすすめします。

ポイント還元キャンペーンあり

後悔すること①:電波が繋がらない・繋がりにくいことがある

auから楽天モバイルに乗り換えたことを後悔している方の多くは、電波が繋がらない・繋がりにくいといった点を挙げています。

口コミ

  • 屋内では繋がらないことがある
  • QR決済しようとしたら電波がなくてできない時がある

特に、屋内や地下鉄で繋がらないという声が多く、ビルの陰などでは電波が入りにくいようです。

中には、ショッピングモールでQR決済をしようとしたら、電波がなくてQR決済ができなかったという口コミもありました。

ですが、楽天モバイルは2023年10月にプラチナバンドを獲得したので、今後繋がりにくさは解消されていくものと思われます。

しかし、具体的にいつ頃から繋がりにくさが解消されるのかについては、楽天モバイル次第なのでわかりません。

そのため、auから楽天モバイルに乗り換えるのであれば、楽天モバイルは電波が繋がらない・繋がりにくいことがあるということを理解した上で、乗り換えるようにしたほうがいいでしょう。

後悔すること②:楽天モバイルは店舗数が少ない

auから楽天モバイルに乗り換えた方の中には、近くに楽天モバイルショップがないということを後悔している方もいるようです。

楽天モバイルは全国に店舗がありますが、auと比べると店舗数は多くありません。

  • auショップ:1,780店舗(2023年3月末時点)※
  • 楽天モバイルショップ:1,000店舗(2022年3月時点)

※au Style除く

そのため、auから楽天モバイルに乗り換えを検討している方の中で、店頭でサポートを受けたいと考えている方は乗り換えてから後悔しないためにも、近くに楽天モバイルショップはあるのか事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

楽天モバイルショップは、「こちら」で検索することができます。

auから楽天モバイルへ乗り換えるデメリット

auから楽天モバイルに乗り換える場合、下記のようなデメリットがあります。

デメリット

  • 繋がりにくくなることがある
  • auのメールアドレスは利用できなくなる
  • auひかりとのセット割はなくなる
  • auを利用している家族の月額料金が高くなる可能性がある
  • auを家族で利用している場合家族間通話が無料ではなくなる
  • au関連サービスは利用できなくなる
  • 口座振替を選択すると手数料がかかる

auから楽天モバイルに乗り換えるデメリットについて詳しくは、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

デメリット:繋がりにくくなることがある

auから楽天モバイルに乗り換えると、電波が繋がりにくくなることが考えられます。

何故なら、楽天モバイルはプラチナバンドを保有していないためです。

プラチナバンドとは、700MHz~900MHzの周波数帯域で、障害物があっても回り込んで電波が届く性質を持っているため、屋内・地下でも電波が届きやすくなります。

しかし、楽天モバイルはプラチナバンドを保有していないため、例えば屋内や地下でスマホを利用する際、電波が繋がりにくく感じることがあるかもしれません。

ですが、楽天モバイルは2023年10月にプラチナバンドを獲得しました。

これにより、今後楽天モバイルの繋がりにくさは解消されていくものと考えられます。

デメリット:auのメールアドレスは利用できなくなる

auから楽天モバイルに乗り換えると、auのメールアドレスが利用できなくなります。

何故なら、auのメールアドレス(@ezweb.ne.jp/@au.com)はauのキャリアメールなので、auを解約・他社へ乗り換えをすると利用できなくなるためです。

ですが、auでは2021年12月20日より、「auメール持ち運び」というサービスを提供しています。

auメール持ち運びを利用すれば、楽天モバイルに乗り換えても引き続きauメールを利用する事ができます。

また、楽天モバイルでauメールを利用する方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
【auメール利用可能】auから楽天モバイルにメールアドレスを引き継ぐ方法

続きを見る

auメール持ち運びは有料サービスなので、利用にあたって月額料金がかかります。

デメリット:auひかりとのセット割はなくなる

auユーザーの中には、auひかりを利用している方も多いかと思います。

auとauひかりを利用すれば、auの利用料金が安くなる割引(auスマートバリュー)があり、これを適用している方も多いでしょう。

しかし、auから楽天モバイルに乗り換えると、auひかりとのセット割はなくなります。

何故なら、楽天モバイルはauひかりとのセット割はないためです。

そのため、楽天モバイルとauひかりを利用しても、楽天モバイルの月額料金が割引されるということはありません。

au解約後もauひかりは利用できます。

デメリット:auを利用している家族の月額料金が高くなる可能性がある

auを家族で利用していて家族割を適用している場合、auから楽天モバイルに乗り換えると、家族の月額料金が高くなる可能性があります。

auには、対象プランを利用している家族の人数に応じて、月額料金が割引されるサービス(家族割プラス)があります。

対象となっているのはauの料金プランのみなので、当然ながら楽天モバイルの料金プランは対象プランに含まれていません。

家族割プラス割引額

  • 1回線:-
  • 2回線:550円
  • 3回線以上:1,100円

例えば、家族3人でauを利用しており家族割プラスを適用している場合、1人あたり1,100円割引されます。

しかし、家族のうち1人が楽天モバイルに乗り換えると、auの利用回線は2回線となり割引額が少なくなるので、他の家族のauの月額料金が高くなってしまいます。

そのため、auで家族割プラスを利用している状況なら、家族に楽天モバイルに乗り換えるから家族割プラスの割引額が少なくなるという旨は伝えておいたほうがいいでしょう。

デメリット:auを家族で利用している場合家族間通話が無料ではなくなる

auでは、家族間通話が無料になるサービスがありますが、auから楽天モバイルに乗り換えると家族間通話は無料ではなくなります。

何故なら、家族間通話が無料になるのは、auを利用している家族間の通話のみだからです。

もし、auから楽天モバイルに乗り換えたことを知らない家族が、楽天モバイルに乗り換えた方に電話をかけると、通話料が発生するようになります。

そのため、auから楽天モバイルに乗り換えるなら、楽天モバイルに乗り換えるからこれからは電話をかけると、通話料がかかるという旨を家族に伝えておくようにしましょう。

デメリット:au関連サービスは利用できなくなる

auから楽天モバイルに乗り換えると、au関連サービスは利用できなくなります。

au関連サービス

  • 毎月割
  • 学割
  • auかんたん決済
  • auスマートバリュー
  • etc…

そのため、auを解約するとどのようなauのサービスが利用できなくなるのか、楽天モバイルに乗り換える前にau公式サイト等で確認しておいたほうがいいでしょう。

デメリット:口座振替を選択すると手数料がかかる

楽天モバイルでは、様々な支払い方法が選択できるようになっていますが、口座振替を選択すると手数料が発生してしまいます。

というのも、楽天モバイルでは口座振替を選択すると、毎月の引き落としの際に口座振替手数料として110円が発生するためです。

余計な費用は払いたくないと考えているなら、楽天モバイルの支払い方法は口座振替ではなく、クレジットカードなどを選択するようにしましょう。

口座振替手数料は、楽天モバイルの都合で変更される可能性があるので、詳しくは楽天モバイル公式サイトでご確認ください。

auから楽天モバイルへ乗り換える際の注意点

auから楽天モバイルに乗り換える場合、注意点も存在します。

注意点

  • auの機種代金の支払いは続く
  • 使用できないauスマホもある
  • auスマホを持ち込む場合APN設定が必要になることがある
  • Rakuten Linkが使えない機種もある
  • 自宅のインターネット回線とのセット割はない
  • 楽天モバイルを月々0円で利用することはできない

そのため、注意点も理解しておきましょう。

ポイント還元キャンペーンあり

auの機種代金の支払いは続く

auで機種代金の支払いが残っている場合、楽天モバイルに乗り換えても機種代金の支払いは続きます。

というのも、auの機種代金の残債の支払いは完済するまで、続くためです。

もし、auの機種代金の残債がある状態で、楽天モバイルに乗り換えて新しくスマホを購入すると、

  • auの機種代金の残債
  • 楽天モバイルで新しく購入した端末の機種代金

上記のように2台分の機種代金を支払っていくようになるため、金銭的負担が大きくなります。

このように、楽天モバイルに乗り換えたからといって、auで残っている機種代金の支払いがなくなるわけではないのでご注意ください。

使用できないauスマホもある

楽天モバイルでは、auで購入したスマホを持ち込んで使用することもできます。

しかし、auスマホならどんな端末でも楽天モバイルで使用できるわけではなく、楽天モバイルで使用することができないauスマホもあります。

条件

  • SIMロックがかかっていないauスマホであること
  • 楽天モバイルが動作確認を行っているau端末であること

そのため、楽天モバイルにauスマホを持ち込んで使用するなら、乗り換え前にそのauスマホは楽天モバイルで使用できる端末なのか、「こちら」でしっかりと確認しておく必要があります。

auスマホを持ち込む場合APN設定が必要になることがある

auスマホを楽天モバイルに持ち込んで使用する場合、APN設定が必要になることがあります。

APN設定とは、スマホをインターネットに接続するための設定で、この設定を行わないと楽天モバイルでネットが利用できません。

画像引用元:楽天モバイル

APN設定が必要なauスマホかどうかは、「こちら」で確認ができるようになっており、上記のように「APN自動設定」にチェックがついていなければ、APN設定が必要になります。

また、「APN自動設定」にチェックがついているauスマホの場合は、APN設定を行う必要はありません。

Rakuten Linkが使えない機種もある

楽天モバイルには、Rakuten Linkというアプリがあり、このアプリを利用すれば国内通話がかけ放題となります。

しかし、Rakuten Linkが使えない機種もあるため注意が必要です。

  • Android端末: Android 10 以降
  • iPhone::iOS 14.4 以降

具体的には、Rakuten Linkを利用するには、上記のソフトウェアバージョンを搭載した製品が必要になります。

楽天モバイルにauスマホを持ち込んで使用する場合、そのauスマホが上記の条件を満たしていない端末だった場合、Rakuten Linkを利用する事はできません。

そのため、そのauスマホは条件を満たした端末なのか、乗り換え前にOSのバージョンを調べておきましょう。

ソフトウェアバージョンは、今後楽天モバイルの都合で予告なく変更される可能性があります。

自宅のインターネット回線とのセット割はない

auでは、auひかりとセットで契約することで、auの月額料金が安くなる割引があったかと思います。

楽天モバイルにも、楽天ひかりという固定通信サービスはあります。

しかし、楽天モバイルと楽天ひかりをセットで契約することで、楽天モバイルの月額料金が安くなるといった割引はありません。

楽天モバイルでは楽天ひかりとセットで利用する事で、楽天市場での買い物で貰えるポイントが増えるなどの特典があります。

楽天モバイルを月額0円で利用することはできない

楽天モバイルでは、月間データ使用量が1GB以下であれば、月々のスマホ代は0円で利用できていました。

しかし、現在楽天モバイルを月額0円で利用する事はできません。

何故なら、月額0円で利用できていたのは、過去に楽天モバイルが提供していたプランだからです。

月額0円で利用できていたRakuten UN-LIMIT VIは終了となっており、現行の料金プランでは月額0円にはできません。

そのため、auから楽天モバイルに乗り換えたとしても、スマホ代を月額0円にすることはできません。

今後楽天モバイルで、月額0円が復活するのかについては不明です。最新情報は楽天モバイル公式サイトでご確認ください。

auから楽天モバイルへ乗り換えるメリット

auから楽天モバイルへの乗り換えは、多くのメリットがあります。

メリット

  • 月額料金が安くなる
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • 乗り換え時に違約金はかからない
  • auスマホをそのまま使用できる
  • Rakuten Linkを使えば国内通話がかけ放題になる
  • 楽天モバイルは各種事務手数料が無料
  • 楽天ポイントが貯まる・支払いに使用もできる
  • お得なキャンペーンが利用できる

auから楽天モバイルに乗り換えるメリットについては、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

メリット:月額料金が安くなる

auから楽天モバイルに乗り換えると、月額料金が安くなります。

というのも、auより楽天モバイルのほうが月額料金は安いためです。

au 楽天モバイル
高速データ通信容量 無制限 無制限
月額料金 7,238円 3,278円

例えば、auで無制限プラン(使い放題MAX)を利用していて、楽天モバイルに乗り換えてデータを無制限で利用すると、約4,000円程度月々のスマホ代を安くすることができます。

そのため、auから楽天モバイルに乗り換えると、毎月の携帯料金を大幅に節約することができます。

メリット:料金プランがシンプルでわかりやすい

auから楽天モバイルに乗り換えると、シンプルでわかりやすいプランが利用できます。

というのも、楽天モバイルで利用できる料金プランは、1つのみだからです。

画像引用元:楽天モバイル

auの場合、料金プランが複数あることに加えて、auスマートバリューなどを適用させると月額料金が変動するようになっていたため、料金プランが複雑だったかと思います。

しかし、楽天モバイルには利用したデータ容量によって段階的に料金が変動する1プランしか存在しないので、シンプルでわかりやすいというメリットもあります。

メリット:乗り換え時に違約金はかからない

auから楽天モバイルに乗り換える際、違約金はかかりません。

何故なら、auでは2022年3月31日をもって、契約解除料(違約金)を廃止しているためです。

そのため、現在では違約金は発生しなくなっているので、違約金を気にすることなくいつでも好きなタイミングで、auから楽天モバイルに乗り換えができるようになっています。

メリット:auスマホをそのまま使用できる

auから楽天モバイルに乗り換える場合、auスマホをそのまま使用することもできます。

何故なら、楽天モバイルはSIMのみでの申し込みもできるようになっているためです。

そのため、楽天モバイル乗り換え時にSIMのみで申し込めば、現在auで使用しているスマホを楽天モバイルに持ち込んで使用することができます。

ただし、auスマホならどんな端末でも、楽天モバイルに持ち込んで使用できるというわけではありません。

auスマホの中には、楽天モバイルで使用できないものも存在するので、乗り換える前にお手持ちのauスマホは楽天モバイルに対応している端末かどうか、確認しておく必要があります。

詳しくは、「使用できないauスマホもある」の項目で解説しているので、そちらをご覧ください。

メリット:Rakuten Linkを使えば国内通話がかけ放題になる

auから楽天モバイルに乗り換えると、国内通話がかけ放題になります。

というのも、楽天モバイルには「Rakuten Link」というアプリがあるためです。

Rakuten Linkとは、楽天モバイルが提供しているアプリでRakuten Linkを使って電話をかけると、国内通話がかけ放題となります。

auでも、電話をかけ放題にすることはできていたかと思いますが、auで電話をかけ放題にする場合、有料の通話オプションに加入する必要があります。

しかし、楽天モバイルのRakuten Linkは、利用するにあたって月額料金はかかりません。

そのため、楽天モバイルに乗り換えてRakuten Linkを使って電話をすれば、通話料を気にせず通話を楽しむことができます。

0570から始まる電話番号など、かけ放題の対象外となる電話番号も存在します。

メリット:楽天モバイルは各種事務手数料が無料

auから楽天モバイルに乗り換えると、各種事務手数料が無料となります。

楽天モバイルの事務手数料

  • 契約事務手数料:0円
  • SIM交換・再発行手数料(eSIM):0円
  • MNP転出手数料:0円
  • 契約解除料:0円
  • 名義変更手数料:改姓0円、他

例えば、auでは新規契約や他社からの乗り換えの手続きを行う際には契約事務手数料が発生しますが、楽天モバイルでは契約事務手数料は無料となっています。

このように、楽天モバイルでは事務手数料無料で、様々な手続きを行うことができます。

事務手数料の料金は、今後楽天モバイルの都合で変更される可能性があります。

口座振替手数料など、手数料がかかるものもあります。

メリット:楽天ポイントが貯まる・支払いに使用もできる

auから楽天モバイルに乗り換えれば、楽天ポイントが貯まりやすくなります。

何故なら、楽天モバイルでは月々の利用料金を支払うと、月々の支払い100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるようになっているためです。

更に、楽天モバイルユーザーは楽天市場での買い物の際、通常よりも多くのポイントが貰えるようになっており、楽天市場での買い物がお得となっています。

また、貯まった楽天ポイントは1ポイント1円として、楽天モバイルの月々の支払いに使用することもできます。

そのため、楽天ポイントをたくさんお持ちの場合、楽天モバイルを利用料金を楽天ポイントで全額支払えば、楽天モバイルの利用料金を支払いを0円にすることもできます。

メリット:お得なキャンペーンが利用できる

楽天モバイルでは、様々なキャンペーンを実施しており、auから楽天モバイルへの乗り換えの際には、こういったお得なキャンペーンが利用できます。

キャンペーン例

  • 条件を満たし申し込みをすれば楽天ポイント付与
  • 条件を満たして申し込み対象スマホを購入すれば楽天ポイント付与
  • etc…

例えば、キャンペーン期間中に他社から楽天モバイルに乗り換えて、期限内にプランの利用を開始するなど条件を満たすと、楽天ポイントを貰うことができます。

このように、楽天モバイルで実施しているキャンペーンを利用すれば、お得にauから楽天モバイルに乗り換えることができます。

ただし、実施しているキャンペーンは、時期によって異なります。

楽天モバイルで実施しているキャンペーンの詳細については、楽天モバイル公式サイトでご確認ください。

ポイント還元キャンペーンあり

auから楽天モバイルに乗り換えても変わらない事

auから楽天モバイルに乗り換えても、変わらない点もあります。

どのような点が変わらないのかについては、下記より解説していきます。

ポイント還元キャンペーンあり

無制限プランが利用できる

auでは、ギガを無制限に使用できるプランがあったかと思いますが、無制限プランは楽天モバイルでも利用できます。

そのため、auから楽天モバイルに乗り換えても、無制限プランを利用する事ができます。

店舗でサポートが受けれる

auには全国に店舗があり、最寄りの店舗に行けばサポートを受けることができていたかと思います。

これは、楽天モバイルも同じです。

楽天モバイルも全国に店舗を展開しており、わからないことがあれば最寄りの楽天モバイルのショップに行けば、サポートを受けることができます。

違約金は設定されていない

auでは、違約金が設定されていないため、解約や他社に乗り換えをする際に違約金がかかることはありません。

これは、楽天モバイルも同じで、楽天モバイルでは違約金は設定されていません。

そのため、au同様に楽天モバイルでも、いつ解約や他社に乗り換えをしても、違約金が発生することはありません。

楽天モバイルでは2024年2月21日より、契約解除料(解約事務手数料)の請求を開始しました。対象となるのは、利用意思がないと客観的合理的に判断された場合のみなので、通常の利用であれば契約解除料は引き続き0円となります。

端末購入時のサポートがある

auでは、スマホを購入する際、支払いを分割払いにし一定期間支払いをした後、端末を返却すれば残りの機種代金の支払いが不要になるというプログラムがあったかと思います。

楽天モバイルにも、auと同様に条件を満たせば残りの機種代金の支払いが不要になるというプログラムがあります。

そのため、端末購入時のサポートがあるという点では、auも楽天モバイルも同じです。

auから楽天モバイルへの乗り換えはこんな方におすすめ

ここまでを踏まえると、下記のような方はauから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 月額料金を安くしたい方
  • 電話の利用が多い人
  • 無制限プランを利用したい方
  • 楽天のサービスをよく利用する方

楽天モバイルはauよりも月額料金が安く、Rakuten Linkというアプリを利用すれば、国内通話がかけ放題で利用できます。

そのため、auを利用していて今よりももっと月々のスマホ代を安くしたいと思っている方、通話の利用が多くauで通話オプションに加入しているという方には、楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

また、楽天モバイルではauより低価格で無制限プランが利用できるので、月々のスマホ代を安くしたいものの無制限プランは利用したいという方も、楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

更に、楽天モバイルは月々の利用料金の支払いで楽天ポイントが貯まり、楽天市場での買い物で楽天ポイントが貯まりやすくなっているだけでなく、貯まった楽天ポイントは楽天モバイルの支払いに充当することができるので、楽天のサービスをよく利用する方にもおすすめです。

ポイント還元キャンペーンあり

auから楽天モバイルへの乗り換えはおすすめできない方

一方で、下記のような方には、auから楽天モバイルへの乗り換えはおすすめできません。

おすすめできない方

  • 電波の繋がりやすさにこだわりたい方
  • au独自サービスを利用したい方

楽天モバイルは、場所によっては電波が弱い・電波が入らないということもあります。

そのため、スマホを利用するにあたって電波の繋がりやすさを重視している方は、auから楽天モバイルへの乗り換えはおすすめできません。

もし、繋がりやすさを重視しているなら、ワイモバイルやUQモバイルなどのサブブランドを検討してみましょう。

また、auひかりとのセット割を適用したいなどau独自サービスを利用したいと考えているなら、楽天モバイルに乗り換えるのではなく、継続してauを利用したほうがいいでしょう。

オンライン限定キャンペーン実施中

オンライン限定au Pay残高還元あり

auから楽天モバイルに乗り換えるには

auから楽天モバイルへの乗り換えは、下記ような流れで行うようになります。

乗り換えの流れ

  1. auでMNP予約番号を取得
  2. 楽天モバイルへの乗り換え手続きを行う
  3. 回線切り替えを行う
  4. 初期設定を行う

※MNPワンストップを利用すれば取得しなくても乗り換え可能

2023年5月24日より、MNPワンストップという制度が開始されました。これにより、MNP予約番号を発行しなくても、乗り換え手続きができるようになりました。

乗り換えの際には、auでMNP予約番号を発行する必要がありますが、MNPワンストップ制度が開始されたことにより、MNPワンストップを利用すればMNP予約番号なしでの乗り換えも可能です。

必要なものを用意したら、楽天モバイルへの乗り換え手続きを行います。

楽天モバイルへの乗り換え手続きは、基本的には画面の指示に従って選択・入力をするだけなので、特別難しいものではありません。

乗り換え手続き完了後、商品(SIMカードまたは端末)が自宅に届いたら、回線切り替え手続きを行いauから楽天モバイルに回線を切り替えます。

回線切り替え手続き後、auの電波が入らなくなったら端末に楽天モバイルのSIMカードを挿入し、楽天回線が利用できることを確認できたら、auから楽天モバイルへの乗り換えは完了です。

auから楽天モバイルへの乗り換えについては、下記の記事で手順など詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
【auから楽天モバイルへの乗り換えを解説】手順や注意点・メリットについても紹介

続きを見る

ポイント還元キャンペーンあり

auから楽天モバイルへ乗り換えるデメリットや注意点・まとめ

まとめ

  • auから楽天モバイルへの乗り換えはデメリットがある
  • 最大のデメリットは電波の繋がりにくさ
  • auから楽天モバイルへの乗り換えには注意点もある
  • 楽天モバイルへ乗り換えてもauの機種代金の支払いは続く
  • auから楽天モバイルへの乗り換えはメリットが多い
  • 月額料金が安くなる・楽天ポイントが貯まりやすくなるなどのメリットあり
  • 無制限プランが利用できるなどauから楽天モバイルに乗り換えても変わらない点もある
  • 月額料金を安くしたい方にはauから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめ
  • 繋がりやすさを重視している方などはauから楽天モバイルへの乗り換えはおすすめできない

ポイント還元キャンペーンあり

-楽天モバイル
-, , ,