楽天モバイル

【ahamoと楽天モバイルの併用】メリットや料金・併用の手順についても解説

ahamoと楽天モバイルの併用ってどうなの?

こんな疑問にお答えします。

ahamoと楽天モバイルを併用すると、様々なメリットがありますがデメリットも存在します。

そのため、ahamoと楽天モバイルの併用を考えているなら、デメリットについても理解しておいたほうがいいでしょう。

そこでこの記事では、

など、ahamoと楽天モバイルの併用について解説していきます。

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

\ 公式サイトはこちら /

ahamoと楽天モバイルの併用方法

ahamoと楽天モバイルの併用には下記のような方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

併用方法

  • 2台持ちで併用する
  • デュアルSIMで併用する

詳しくは、下記より解説していきます。

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

方法①:2台持ちで併用する

一つ目は、2台持ちで併用するという方法です。

  • 1台目の端末:ahamoのSIMカード
  • 2台目の端末:楽天モバイルのSIMカード

この方法は、上記のように端末を2つ用意しそれぞれの端末に、ahamoと楽天モバイルのSIMカードを挿入し使用するというものです。

メリット・デメリット

  • 【メリット①】使い分けができる
  • 【メリット②】異なるOS(iPhone/Android)のスマホが使用できる
  • 【メリット③】バッテリー切れ・故障時にも対応できる
  • 【デメリット①】2台分の機種購入費用がかかる
  • 【デメリット②】2台を持ち運ぶ必要がある

2台持ちでの併用の場合、用途に応じて端末を使い分けることができ、もし端末が故障してしまっても、もう一台で対応することができるなどのメリットがあります。

しかし、2台持ちをする場合には、端末を2台用意する必要があるため端末購入費がかさむことに加え、2台を携帯しないといけないので管理が煩雑になるというデメリットもあります。

方法②:デュアルSIMで併用する

二つ目は、デュアルSIM対応スマートフォンを使用して、一つの端末で2つの回線を同時に活用する方法です。

デュアルSIMでの使用例

  • ahamoのSIMカードと楽天モバイルのSIMカード
  • ahamoのSIMカードと楽天モバイルのeSIM
  • ahamoのeSIMと楽天モバイルのSIMカード

※eSIMとは端末に内蔵されている本体一体型のSIM

デュアルSIMとは、1つのスマホで2つのSIMを利用できる機能です。

メリット・デメリット

  • 【メリット①】機種購入費用が節約できる
  • 【メリット②】携帯する端末は1台でいい
  • 【デメリット①】デュアルSIM対応端末が必要
  • 【デメリット②】ahamoと楽天モバイルのバンドに対応した端末が必要
  • 【デメリット③】バッテリーの消費が早い

デュアルSIMで併用する場合、複数台機種を購入する必要がないので端末購入費用を節約できるほか、持ち運ぶ端末は1台ですむというメリットがあります。

一方、その端末がデュアルSIM対応端末でないとデュアルSIMでの併用はできないほか、1台で2回線使用するようになるのでバッテリーの消費が早いといったデメリットあります。

デュアルSIMで併用の場合ahamoと楽天モバイルどちらでも使えるスマホが必要

デュアルSIMでの併用する場合、ahamoと楽天モバイルどちらでも利用できるスマホが必要になります。

何故なら、携帯電話会社によって使用しているバンド(周波数帯)が異なり、スマホによって対応しているバンドが異なるためです。

例えば、ahamoで購入したスマホを使用する場合、ahamoのバンドには対応していますが楽天モバイルのバンドには対応していない可能性があります。

もし、そのahamoで購入したスマホが楽天モバイルに対応していない端末だった場合、ahamoは問題なく利用できるものの、楽天モバイルでは繋がらない・繋がりにくくなる恐れがあります。

そのため、デュアルSIMで併用する場合は、その端末はahamoと楽天モバイル双方で使用できるものなのか、確認しておく必要があります。

ahamo・楽天モバイル公式サイトでは、動作確認を行った他社端末を公開しているので、ahamoで使用できる端末・楽天モバイルで使用できる端末については、各公式サイトでご確認ください。

ahamoと楽天モバイルを併用した場合の月額料金

ahamoと楽天モバイルを併用した場合、ahamoの月額料金+楽天モバイルの月額料金が、月々の携帯代となります。

また、ahamoと楽天モバイルでは、料金プランの特徴が異なります。

ahamoと楽天モバイルの料金プランの特徴、併用した場合の月額料金については、下記より解説していきます。

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

ahamoの月額料金

画像引用元:ahamo

ahamoは、高速データ通信容量が20GBのみのシンプルな料金プランで、これ以外の料金プランはありません。

ahamoには大盛りオプションが用意されており、大盛りオプションに加入することで、月額料金はかかるものの高速データ通信容量を100GBに増量させることもできます。

また、ahamoには月額料金が安くなる割引サービスはありません。

楽天モバイルの月額料金

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルは、使用したデータ容量によって料金が変動する、段階制の料金プランとなっています。

また、楽天モバイルには月額料金が安くなる割引サービスはありません。

併用した場合の月額料金

ahamoと楽天モバイルを併用した場合の月額料金は、下記の通りです。

最安の場合
ahamo 楽天モバイル
料金プラン - Rakuten最強プラン
高速データ通信容量 20GB ~3GB
月額料金 2,970円 1,078円
月々の利用料金 4,048円

例えば、最安で利用した場合には、月額4,048円でahamoと楽天モバイルを併用することができます。

データ無制限を利用した場合
ahamo 楽天モバイル
料金プラン - Rakuten最強プラン
高速データ通信容量 20GB 無制限
月額料金 2,970円 3,278円
月々の利用料金 6,248円

また、データ無制限で利用する場合には、月額6,248円でahamoと楽天モバイルを併用することができます。

ahamoと楽天モバイルを併用するメリット

ahamoと楽天モバイルを併用する場合、下記のようなメリットがあります。

メリット

  • 音声通話・データ通信を使い分けることができる
  • 通信障害に備えることができる
  • 無制限プランが利用できる
  • 通話料無料で利用できる
  • 楽天市場での買い物がお得になる

メリットについて詳しくは、下記より解説していきます。

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

メリット①:音声通話・データ通信を使い分けることができる

ahamoと楽天モバイルを併用する場合、音声通話の使い分けができます。

  • ahamo:短時間の通話や重要な通話
  • 楽天モバイル:友達などとの長電話

例えば、仕事など重要な通話は通話品質が安定しているahamoを利用、友達や家族との長電話の際にはRakuten Linkを利用といったように、使い分けることができます。

また、楽天モバイルの電波が弱い場所ではahamoを利用、ahamoの電波が弱い場所では楽天モバイルを利用といったように、データ通信の使い分けもできます。

メリット②:通信障害に備えることができる

ahamoと楽天モバイルを併用すれば、通信障害に備えることができます。

というのも、ahamoと楽天モバイルは異なる回線を使用しているため、どちらか一方の回線で障害が発生しても、もう一方の回線で通信できます。

  • ahamo:ドコモ回線
  • 楽天モバイル:楽天回線

例えば、ドコモで通信障害が発生した場合、ドコモ回線を使用しているahamoは繋がらない・繋がりにくくなります。

このような状況でも、楽天モバイルを利用すれば、通話やネットの利用が可能です。

メリット③:無制限プランが利用できる

ahamoは、高速データ通信容量を使いきると、通信速度制限がかかり通信速度が低速化します。

しかし、楽天モバイルと併用するなら、データの使いすぎを気にする必要はありません。

何故なら、楽天モバイルは無制限プランが利用できるためです。

そのため、楽天モバイルでネットを利用するようにすれば、データ通信量を気にせずに動画の視聴やゲームを楽しむことができます。

メリット④:通話料無料で利用できる

ahamoと楽天モバイルを併用すれば、通話料を無料にすることができます。

何故なら、楽天モバイルはRakuten Linkアプリを使用すれば、国内通話が無料になるためです。

ahamoの場合、1回あたり5分以内の国内通話が無料で利用できますが、通話時間が5分を超過すると通話料が発生します。

しかし、楽天モバイルを併用することで、通話料を気にせず電話ができるようになります。

メリット⑤:楽天市場での買い物がお得になる

楽天モバイルには、楽天市場での買い物でポイントが貯まりやすくなる特典があります。

そのため、ahamoと楽天モバイルを併用すると、楽天市場での買い物がお得になります。

ahamoと楽天モバイルを併用するデメリット

ahamoと楽天モバイルを併用する場合には、デメリットも存在します。

デメリット

  • 2回線分の月額料金がかかる
  • 2台持ちの場合は2台分の機種購入費用がかかる
  • Rakuten Linkの通話品質はあまりよくない
  • ahamoの申し込み・サポートは原則オンラインのみ

そのため、デメリットについても理解しておきましょう。

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

デメリット①:2回線分の月額料金がかかる

ahamoと楽天モバイルを併用するということは、2回線分の月額料金がかかります。

そのため、その分月々の携帯代は高くなります。

また、併用した場合月額料金はいくらになるのかについては、「ahamoと楽天モバイルを併用した場合の月額料金」の項目で解説しているのでそちらをご覧ください。

デメリット②:2台持ちの場合は2台分の機種購入費用がかかる

ahamoと楽天モバイルを2台持ちで併用する場合、2台分の機種代金がかかるようになります。

そのため、2台持ちで併用する場合には、機種代金がかさむというデメリットがあります。

機種代金が負担に感じるようであれば、デュアルSIMでの併用を検討してみましょう。

デメリット③:Rakuten Linkの通話品質はあまりよくない

楽天モバイルでは、Rakuten Linkをいうアプリを使用すれば、国内通話が無料となります。

しかし、Rakuten Linkは通話品質があまりよくなく、電波状況が悪い場所では通話品質が低下する可能性があります。

そのため、仕事の電話など通話品質を重視する通話をする場合には、ahamoを利用して通話をしたほうがいいでしょう。

ahamoには1回あたり5分以内の国内通話無料が付属しています。また、かけ放題オプションに加入すれば、国内通話をかけ放題にできます。

デメリット④:ahamoの申し込み・サポートは原則オンラインのみ

楽天モバイルは、店舗での申し込み・サポートが受けれますが、ahamoはドコモのオンライン専用プランです。

そのため、申し込みやサポートは原則オンラインのみとなります。

対面でのサポートを受けたい方や、オンラインでの手続きが難しいと感じる方は、ahamoのこういった点がデメリットとなります。

ahamoと楽天モバイルを併用する手順

ahamoと楽天モバイルを併用する場合、下記のようなパターンが存在します。

パターン

  • ahamoも楽天モバイルも利用していない場合
  • 他社を契約中でahamoと楽天モバイルを併用する場合
  • ahamoを契約中で楽天モバイルと併用したい場合
  • 楽天モバイル契約中でahamoと併用したい場合
  • デュアルSIMでahamoと楽天モバイルを併用したい場合

上記のどれに該当するかによって、契約方法が異なるので下記より解説していきます。

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

ahamoも楽天モバイルも利用していない場合

  • ahamo:新規契約
  • 楽天モバイル:新規契約

現在、ahamoも楽天モバイルも利用していない場合、ahamoと楽天モバイルそれぞれで新規契約手続きを行い、併用するようになります。

他社を契約中でahamoと楽天モバイルを併用する場合

  • ahamo:乗り換えor新規契約
  • 楽天モバイル:乗り換えor新規契約

現在は他社を利用しており、ahamoと楽天モバイルを併用したいという場合、現在契約中の携帯電話会社から、ahamoまたは楽天モバイルへの乗り換え手続きを行い、もう片方で新規契約手続きを行うようになります。

乗り換えをする例

  • ahamo:乗り換え
  • 楽天モバイル:新規契約

例えば、現在契約中携帯電話会社からahamoへ乗り換えをする場合、ahamoへの乗り換え手続きを行った後、楽天モバイルの新規契約手続きを行えば併用が可能です。

解約し併用する場合

  • 現在契約中携帯電話会社:解約
  • ahamo:新規契約
  • 楽天モバイル:新規契約

また、現在利用している電話番号を引き継がなくてもいいという場合、現在契約携帯電話会社を解約し、ahamoと楽天モバイルの新規契約手続きを行うことで、併用することができます。

ahamoを契約中で楽天モバイルと併用したい場合

  • ahamo:-
  • 楽天モバイル:新規契約

既に、ahamoを契約中で楽天モバイルと併用したいという場合、楽天モバイルの新規契約手続きを行えば、併用することができます。

楽天モバイル契約中でahamoと併用したい場合

  • ahamo:新規契約
  • 楽天モバイル:-

既に、楽天モバイルを契約中でahamoと併用したいという場合、ahamoの新規契約手続きを行えば、併用することができます。

デュアルSIMでahamoと楽天モバイルを併用したい場合

スマホ1台で、ahamoと楽天モバイルを利用したいなら、デュアルSIMに対応したスマホが必要になります。

デュアルSIM対応スマホ例

  • iPhone 15
  • iPhone 14
  • Google Pixel 8a
  • Galaxy S24
  • AQUOS sense8
  • etc…

デュアルSIMに対応したスマホかどうかについては、購入元携帯電話会社やメーカーの公式サイトなどで確認ができます。

例えば、ドコモで購入したGoogle Pixel 8aの対応状況を調べたい場合、ドコモ公式サイト製品ページのスペック欄を確認します。

画像引用元:ドコモ

Google Pixel 8aの場合、上記のように表示されておりデュアルSIMに対応していることがわかります。

このスマホの場合、nanoSIMとeSIMに対応しているので、「SIMカード(nanoSIM):ahamo、eSIM:楽天モバイル」または「SIMカード(nanoSIM):楽天モバイル、eSIM:ahamo」といったように契約をすれば、デュアルSIMで利用することができます。

ahamoと楽天モバイルをデュアルSIMで利用する場合、ahamoと楽天モバイルどちらでも利用できるスマホが必要になります。詳しくは「デュアルSIMで併用の場合ahamoと楽天モバイルどちらでも使えるスマホが必要」をご覧ください。

ahamoと楽天モバイルの併用に関してのよくある質問

よくある質問

  • 併用する際に適用できる割引はある?
  • データ通信はahamoと楽天モバイルどっちがおすすめ?

ahamoと楽天モバイルの併用に関してのよくある質問をまとめてみたので、下記より紹介していきます。

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

併用する際に適用できる割引はある?

ahamoには、月額料金が安くなる割引サービスはありません。

また、楽天モバイルにも月額料金が安くなる割引サービスはありません。

そのため、ahamoと楽天モバイルを併用する場合、月額料金が安くなる割引サービスは適用できません。

データ通信はahamoと楽天モバイルどっちがおすすめ?

データ通信はahamoと楽天モバイルどっちがおすすめなのかについては、下記の通りです。

  • 月額料金を安くしたいなら:ahamo
  • データ容量を気にせずネットがしたいなら:楽天モバイル

月額料金の安さを重視するなら、データ通信はahamoで行ったほうがいいでしょう。

楽天モバイルはデータ容量の消費量に応じて、段階的に料金が高くなるプランなので、ネットの利用が多いと月額料金は高くなります。

また、データ容量を気にせずネットがしたいなら、データ通信は楽天モバイルで行うことをおすすめします。

楽天モバイルは、無制限プランが利用できるので、思う存分ネットを楽しむことができます。

ahamoと楽天モバイルの併用について・まとめ

まとめ

  • ahamoと楽天モバイルを併用する場合2つの方法がある
  • 1つ目は2台持ちで併用する方法
  • 2つ目はデュアルSIMで併用する方法
  • どちらもメリットだけでなくデメリットもある
  • ahamoと楽天モバイルを併用する場合月額4,048円から利用できる
  • ahamoと楽天モバイルの併用には通信障害に備えれるなどのメリットがある
  • 一方で2回線分の月額料金がかかるなどahamoと楽天モバイルの併用にはデメリットもある

たっぷり20GBで国内通話5分無料もセット

ポイント還元キャンペーンあり

-楽天モバイル
-,